アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年8月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

胸を大きくする方法のなかで、一番体の負担が少なく、費用の面でも安いのが、ヒアルロン酸を脇から注射器で注入して胸を大きくするというヒアルロン酸注入法とよばれる美容外科で行われている施術です。
この方法はその手軽さから「プチ豊胸」ともよばれています。
処置自体は、30分程度ですみますので、入院せずに日帰りで行うことができるため仕事などで忙しい女性にも人気があります。
このヒアルロン酸注入では、1.5カップぐらいの大きさにすることが可能です。
デメリットとしては、注入したヒアルロン酸は少しずつ体内に吸収されるため個人差はありますが1年から2年ぐらいで元の大きさに戻ります。
そのため、期間限定で胸を大きくしたい人やメスを使う本格的なバストアップ手術に抵抗がある人にとっておすすめです。

プロテーゼ挿入法

胸にメスをいれて、生理食塩水やシリコンなどの人工物を挿入することで胸を大きくする施術のことをプロテーゼ挿入法といいます。
豊胸の施術のなかで一番胸の大きさを劇的に変えることができるため、2カップ以上の大きさを希望する人におすすめです。
この手術のメリットは、他の方法と違い半永久的に大きさを持続することが可能なため、何度も施術を繰り返さなくてもよいのがメリットです。
デメリットとしては、手術するときになるべく目立たない箇所からメスをいれますが、数センチの傷跡は残ります。
また、乳がん検査で使われるマンモグラフィを受けることができなくなります。
また、メスを使う本格的な施術を行うため入院をしなくてはいけないので、拘束時間が長いです。

脂肪注入で

バストアップする方法で一番自然な胸の柔らかさを求める場合は、自分のおしりやふとももから吸入した脂肪を胸に注入して豊胸する脂肪注入法が適しています。
自分の脂肪を使いますのでアレルギーの心配がありません。
また、シリコンなどの人工物をいれるプロテーゼ挿入法とは違いマンモグラフィなどの検査も受けることができます。
自分の脂肪を注入するため、胸を大きくするだけでなく痩身の効果も同時に得られるのが最大のメリットです。
しかし、痩せ型の人の場合は、バストアップするだけの脂肪自体が採取できないケースもあります。
また、注入した脂肪のすべてが胸に定着するとはかぎらないため、個人差がありますが半永久的には持続させるのは難しいです。
注入した脂肪が石灰化するケースもあります。

オススメリンク

掛かる費用

美容外科クリニックで豊胸手術を受ければ確実にバストアップする…Read more

確実に豊胸

欧米人に比べると、日本人女性には貧弱な体型の人が多くなってい…Read more

関連リンク